インターネット世代のブログ

和食について再確認して料理名人に。すぐに実践出来る豆知識

2017年05月17日 07時04分

ご飯の毎にだしを準備する人は今時少数派となりつつありますが、時間が許せばなるべく手間をかけた方が良い下処理です。カツオブシ或いはいりこ、又は昆布と言った、各材料のだしの取り方の基本からやってみては如何でしょう。胡瓜や大根を使った浅づけも、毎日でも食事に添えてあげたいものでしょう。当座漬けの塩の分量の加減は、素材を基準にだいたい2〜3パーセントがベストです。塩のみで作るのも構いませんが、出来ればトウガラシもしくはしょうが、そしてこんぶ等を同時に漬けると味わいや旨みがでます。魚のにおいを取るには、まず起因となり得る魚脂・血合いを入念に取り去ってください。そして、霜降作りだけでなく食塩と日本酒を振り掛けると言った下仕事のやり方も有効です。滋味に富む食事が作れるようになるためには下準備の一手間大切なのです。
ウインドウガラスの清掃にも色々な隠し技があるものです。なにしろ水滴あるいはほこり等、ガラス面のヨゴレというのは気にかかるところではないでしょうか。市販されている洗剤の他に利用出来るアイテムが色々とあるので、是非トライしていくと良いでしょう。モップの様な形状の掃除機能が付いたスリッパも製造されるようになっている以外にも、ノーマルスリッパへストッキングを付けたもので歩き回る事でもチリが綺麗になります。スリッパを上手く使う事で手間をかけずに無駄なくお掃除をしませんか。ガラス清掃の方は少々嫌だ、こんな時はヨゴレを未然に防ぐ裏ワザを使ってみて下さい。具体的には水を使って濃度を下げた酢酸か柔軟剤を窓ガラスに塗ることでコーティング剤と類似した実効を得られますから、結果的に窓に水垢などがつきにくくなるでしょう。